がん転移もドクターと歩んで解決の道を探る|お悩みHELP!

女性

改善する為に必要なこと

心臓病や心筋梗塞を扱うのが循環器科の医師です

肩凝り

昨今患者数の増えている心筋梗塞など心臓の病気を専門に診療するのが循環器科でです。このような診療科には、心臓の働きや血管に精通した循環器専門の医師が常駐しており、症状に応じた適切な治療を行なっています。こうした循環器科で扱う病気の範囲は広く、心臓の病気を始め現在では高血圧や動脈硬化、不整脈なども診療しているのです。循環器科で扱う病気は現在増えている生活習慣病との関連が深いため、循環器の専門医は時に食生活や生活スタイルの指導も行います。心臓の病気は一旦発症すると重症化するケースも多く、検査などを通じて出来るだけ早い段階で予防的な治療を行なっていくことが、現在の循環器科の大きな課題となっているのです。

心臓の病気を中心に幅広い病気を扱っています

循環器科では心臓の病気を中心に幅広い病気を扱います。心臓専門の外科が特に設けられていない医療機関の場合には、心臓のカテーテル検査や治療、バイパス手術などもこの循環器科で行なわれることが多いです。不整脈の治療も取り扱い、例えばペースメーカーの埋め込み術なども頻繁に行なわれます。循環器科の医師は血管の病気にも精通しているため、最近特に増えている動脈硬化などの処置や治療も積極的に試みているのです。血管内に血栓が出来ている場合には、そうした血栓を取り除き血管をより広げる治療も、こうした循環器科では広く行なわれています。昨今では、心筋梗塞や脳梗塞を始めとする生活習慣病の発症を防ぐことに特に力が注がれているのです。