がん転移もドクターと歩んで解決の道を探る|お悩みHELP!

先生

重要な役割り

病院

クリニックや病院には、いろいろな役割があります。最近では、多くの患者が増えており、循環器系の疾患者が多くいます。 そのため、適切な検査や治療を受けることが出来る循環器科のクリニックが増えています

ピルを服用する

女性

月経不順や月経痛の改善だけでなく避妊のためにと多くの女性が婦人科や専門のクリニックでピルを処方してもらい服用しています。ピルは正しく飲むことで効果を発揮します。

改善する為に必要なこと

肩凝り

循環器科では、体の活動を進めて行くにあたって重要な役割を持つ臓器の健康を提供するための科です。血管の異常も見つけてくれるので、脳梗塞や血栓症の改善にも役立てられます。

男性特有のがん

前立線がんについて

肩凝り

「がん」は、悪性腫瘍と呼ばれていますが、その種類により転移のしやすさなどに違いがあります。前立線がんの場合、がん細胞が前立線の中にあるのか、外にあるのかにより治療法が異なりますし、転移の可能性も変わってきます。 前立線がんは男性のみが発症しますが、日本では人工10万人あたり10人程度が発症するとされ、前立線がんによる死亡順位は部位別として10位前後です。加齢とともに発症率が高くなり、50代以降で多くなります。近年では高齢化社会や食生活の欧米化などの影響から、増えてきているようです。 前立線がんの危険因子としては、脂肪の多量摂取と肥満であるとされ、喫煙や飲酒については関係性はそれほどでもないと言われています。

検査はしっかり受けましょう

前立線がんは比較的予後の良いタイプのがんであるとされています。転移は非常に稀であるとされています。ただし、転移がないとは言えませんので、術後の検査を欠かさないということが重要になります。 また、転移はなくても再発はある可能性がありますので、術後は3ヶ月に1度、それ以降は6ヶ月に1度程度の検査を受けるようにしましょう。一般的ながんは5年間再発がなければ完治・寛解と言えますが、前立線がんについては、10年間再発が見られない場合に完治とするという考え方があります。これは、他のがんに比べて前立線がんの進行が遅いため、がん細胞があっても症状があらわれるまでに時間が掛るということがあるためです。医師の指示に従うようにしましょう。